「遠野市に住む岩手県民はバケツでジンギスカンをつくる!?」

調べによると、遠野市の羊肉消費量は一人当たり年間2.1キロであり、北海道の観光客の消費量を差し引くと実質全国一位かもしれないという。
ジンギスカンがここまで遠野で広がった理由は、安部商店というお店の初代が満州でジンギスカンを食したのが始まりで、それを遠野に持ち帰ったところ、遠野では毛織物のために羊を飼っていたため新鮮な食材がてに入りやすかったため、ジンギスカンがここまで普及したといわれている。
そして安部商店の二代目がジンギスカンバケツを生み出したという。全国900店舗にあるホームセンター「コメリ」。ジンギスカンバケツを置いているのは、全国で遠野店だけ。
そしてジンギスカンはお花見、お盆、野球大会や田んぼ作業の打ち上げ、結婚式の二次会でも!!かなり遠野では愛されているみたいですね。
あのバケツはアウトドアでも使えそうなので、全国展開してもいいのでは!?
安部商店の楽天HPはこちら!!

ウワサのジンギスカンバケツがこちらです!

本当に穴あきですね♪

アウトドアで大活躍♪あんべのジンギスカンバケツ(28cm鍋用)【岩手県_物産展】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする