「相馬市の福島県民は、和食のお惣菜・おひたしにマヨネーズをかける!?」

日本の和食の定番おひたしですが、本来は醤油や鰹節で食べるものですよね。しかし、相馬市に住む福島県民は、なんとおひたしにマヨネーズをかけるというのです!!
それはほうれん草のみならず、すでに醤油がかかったナスの揚げ浸しにまで、たっぷりのマヨネーズをトッピング!!
それがお野菜のおいしさを引き立てるんだ~と言っている方もいました。
市内のスーパーでは、ほうれんそう売場の前にマヨネーズが置いてあり、居酒屋さんでおひたしをオーダーするとマヨネーズがのっています。
ここまでマヨネーズが浸透したのは、昔調味料は自家製という習慣ができ、マヨネーズも自家製のものを作るようになったのがきっかけで、野菜をおいしく食べるための必需品になったようです。
醤油マヨ味ってけっこうあるので、これはぜひ試してみたいですね。



コメント

  1. pithecus より:

    今相馬地方ではおひたしにマヨネーズをかけて食べているという話が話題となっています。
    なぜかといえば、実は相馬地方でもその食べ方はごく少数派で、みんな回りの人達に近所や会社で確認したりしている人が多いからです。
    この日の放送でケンミンショウを信じられなくなってしまった方が実は相馬地方には多く存在することを覚えていてほしいですね。
    (日テレに抗議した方も多数いたようですよ。)

  2. じもてぃ☆ より:

    >pithecus 様
    貴重なコメントありがとうございます。
    ケンミンショウは、ほかの国と比べて狭いこの日本でも、地域によっていろいろな文化があるということを知れるオモシロイ番組だと思ってます。
    確かに極端な表現のとこもありますが・・・。
    管理人的には、「おひたしにマヨネーズ」はアリだと思いますけどね。実際父親がやってましたし(笑)
    放送した内容に関して、こんなことはしない!っていう反対意見(!?)もどしどしコメントお待ちしてます。