「山形県民は電話をかけるとき、いきなり『でした』と言う!?」

電話をかけるとき、通常であれば、「もしもし、○○(自分の名前)です」と言いますよね。しかし山形県民は「もしもし、○○(自分の名前)でした」と、いきなり過去形で名乗るらしいのです!?
電話を受ける時も「はい、○○の○○(自分の名前)でした」というらしい。県内で話す分には問題ないみたいですが、他の地域の方と話したときは、かけてすぐ切られてしまったこともあるとか!?
この習慣は電話以外でも使うようで、訪問の挨拶などでも「~でした」と言うらしい。「~です」は、山形県民にはキツイ言い方と感じるようです。
なんだかかわいらしく感じますねw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする