「栃木県民はサメが大好物!?」

栃木県民が大好きだという白身魚「もろ」を調査していると、鮮魚店の店長は「(もろは)クセは若干あるけど、食べようによってはとても美味しいですよ」と説明。
しかし、「もろ」とはネズミザメの事で、全長3mの獰猛なサメ。身以外にフカヒレが採取され、そのほとんどが宮城県気仙沼で水揚げされるという。しかしながら水揚げ元の宮城県にある魚市場の人は「サメは食べない」と話していました。
栃木県民はこの「モロ」と呼ばれるサメを頻繁にスーパーで購入し、煮付けやフライにして食べているという。ところが、「モロ」はサメのこと、ということはあまり知られておらず、初耳の栃木県民は驚き!!
取材した栃木県内のスーパーでは100gあたり100円という安価で販売!!
海産担当者は「2番目に売れ行きが良いのがこのもろです。」とコメント。また惣菜売り場では「煮付け」や「フライ」も売られていました。
サメは他の魚よりも腐りにくい魚で、海無し県の内陸部の栃木県でもサメが食べられるようになったとのこと。明治時代には既にサメが食べられていたそうです。
魚って、その土地によって売られているものが違うので面白いですね。でもサメを食べるっていうのは知らなかった・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする