「石川県民は冷奴にからしを付けて食べる!?」

冷奴の薬味といったらしょうがが多数派かと思いますが、石川県民の多くは薬味について聞かれると「からし」と答えるという。
昔、大豆を栽培している農家が、採ったからしを「抗菌作用」があるとして、一緒に豆腐店に届けたのが組み合わせのきっかけらしい。
今でも石川県の豆腐店で豆腐を買うと、サービスでからしがついてくるようです。
県民のこだわりを調査するため、定食屋で冷奴にしょうがを付けてお客に出してみると、誰もがしょうがを取り除き、「からしをください」と言ってました。
あまりにもしょうがの冷奴になじみがありすぎて、からしの冷奴って想像つかないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. vita-charge より:

    関西(大阪辺りだけ?)でも、定食屋や社食なんかで普通に冷奴に芥子がのっかって出てきます。勿論、生姜を使うこともありますが、私の経験値では8:2くらいの割合で芥子が多かったです。