「福井県民は寒い冬にコタツで水羊羹を食べる!?」

水羊羹といえば、夏のお中元で代表としても挙げられるように、暑い夏に食べるものというイメージが強いのですが、なんと福井県民は真冬にコタツにあたりながら水羊羹をたべるという。
しかもそれはアルミ缶に入ったおなじみの水羊羹ではなく、一枚ながしと言われる平べったいもの。これはもとから切り分けられていたり、自分で切り分けて食べるものもあるようです。
その水羊羹のお味はというと、黒砂糖入りでコクがあってとてもおいしいようです。
福井では冬じゃないと水羊羹が売っていないらしい・・・。
一般的に言う、冬にコタツでアイス的な感覚ですかね。黒糖好き甘党にはたまらない一品ですね。
紹介していたものはこちらの江川の水羊羹。↓

江川の水ようかん3枚入り【あす楽】福井県の羊かんふくいけん えがわ ようかん 江川 水羊かん 【楽ギフ_のし】【RCP】福井 お土産(おみやげ)福井県(名物)

価格:2,102円
(2017/1/29 22:21時点)
感想(9件)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする