「島根県民は法事の引き出物にあんパンを配る!?」

法事の引き出物といえばまんじゅうが定番ですが、島根県では昭和40年代の後半からあんパン(しかも焼きたて!!)が配られているという。
松江市にある「ギフトのデパート フジキ」には多い月で約4000個の「法事あんパン」の注文が入るようです。
通常のあんパンとの違いは包装方法。法事用のあんパンは蓮の葉をプリント。これで法事あんパンが完成するとのこと。
最近はあんパンのみならず、クリームパン、チョコパン、メロンパンなど種類が豊富のようです。バリエーションも豊富で面白いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする