「呉市に住む広島県民は、焼鳥屋さんで生け簀に泳ぐ獲れたての魚を食べる!?」

一般的に生け簀と言えば、割烹料理店やお寿司屋さんなど、新鮮な魚料理を売りとするお店に設置しているもの。
しかし広島県呉市の焼鳥屋さんには、なんと生け簀を置くお店があるらしい!?
そもそも焼き鳥屋には鮮魚のメニューは無いはず。しかし現在、呉市の焼鳥屋さんの半数以上が、焼鳥と魚料理を提供しているという。
インタビューしてみると、中には焼き鳥=魚というお客さんも。新鮮な魚を食べに焼き鳥屋に来るというお客さんもいて、焼き鳥は二の次とのこと。
もともと最初に呉に焼鳥屋を出店した方が、鹿島という漁師町の出身で魚料理が得意だったため、このようなダブル提供のお店になったようです。
そして最後は寿司でしめるのが呉市民流とのこと。なんとも不思議なお話ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする