「小松市に住む石川県民は食べ終わったスイカの皮を家の外で干す!?」

家の前に干すといえば洗濯物や布団くらいで、食べ終わったスイカの皮を干すというのは聞いたことがない。
しかし小松市に住む石川県民にとってスイカは食べ終わったら干すのが常識、当たり前だという。
この干したスイカの皮は1週間もするとカラカラに乾燥。このカラカラの皮をどうするかというと・・・
なんとごみ箱に捨てていた!!水分をなくして軽くしてから捨てるために干しているという!!
以前スイカの皮の水分が原因と思われる焼却炉の不完全燃焼がおこり、市から市民に対して干してから捨てることを奨励した様子。すると条例でもないのに市民が応えてくれて、このような習慣ができたようです。
だいぶカサも減りますし、市をあげて行っていてとてもいいですね。面倒くさがらず干してくれるのもケンミン性でしょうか!?
~2009/10/15放送 秘密のケンミンSHOW より~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする