沖縄県那覇市の局地的トレンド「Aぱん」

沖縄で行列ができるのは珍しいらしいが、そこには行列が!
那覇市にあるあげパン工房 Antoshimo (アントシモ)というお店のあげパンが流行しているようです。
その中身は普通のあんこだけではなく、なんとお餅が入っていました。そして表面の粒々はサクッとした食感を出すための米粉で、キャノーラ油を使って軽い仕上がりにしているそうです。
沖縄では暑い夏でも天ぷらを食べる習慣があるため、おやつとしてこの商品が考えられたようです。
1日200個が完売するとのこと。他の商品としては「Cぱん」というラフテー入りのカレーパンもあるようです。
確かにカロリーは高そうですが、かなりおいしそうでした!!
tokyo-bayららぽーと内の東京パン屋ストリートで3ヶ月限定出店し、一日3,000個を販売したこともあるそうです!!
販売個数がもっとあれば、かなりの事業拡大もできそうですね。

~2009/10/15放送 秘密のケンミンSHOW より~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする