「県西部に住む静岡県民は具無しの炊き込みご飯、さくらご飯が大好き!?」

炊き込みご飯と言えば、五目ご飯や栗ごはん、松茸ご飯など、何かしらの食材とともに炊き上げるのが一般的。
しかし静岡県西部の小学校の給食では、春でもないのに「さくらご飯」、しかも何も具材の入っていない桜色とは程遠い茶色の御飯が登場するという。
その正体は、しょうゆ味の炊き込みご飯の具無しバージョンだという。
しかもそんなシンプルなさくらご飯が、小学生は大好きなようで、なんでもお焦げの部分がおいしいのだとか。カレーよりも大好きという子や、朝から楽しみでしかたない、という子もいました。
その作り方は超シンプルで、炊飯時に醤油とお酒を入れて炊き上げるだけ。なんとも簡単レシピです。
また、静岡県には「さくら棒」と呼ばれる麩菓子があるようで、一般的に知られている黒糖の麩菓子より認知度が高いようでした。
お家でも真似できる超シンプルご飯ですね。
~2009/10/29放送 秘密のケンミンSHOW より~