「内陸部に住む山形県民は納豆とサバ缶で食べるひっぱりうどんが大好き!?」

うどんと言えば通常はめんつゆで食べますが、なんと内陸部の山形県では、納豆とサバ缶を混ぜ合わせたものをタレにしてうどんを食べるとのこと!!
そのタレは、納豆とサバ缶を混ぜ合わせたものに、ねぎと醤油を投入。そこにお鍋で大量に茹でたうどんを各自引っ張ってくることから「ひっぱりうどん」の名がついたそうです。
サバ缶は鮭缶やシーチキンでも代用できるみたいです。
山形市内のスーパーでは、ひっぱりうどん専用の乾麺が大量販売されており、12月には1万袋以上売れるのだとか。
冬が厳しい山形ではどの家庭でも乾麺と缶詰を非常食として用意しており、また、自家製の納豆が身近にあったことからその保存食を合わせて食べるたのが始まりのようです。
意外とサバ缶と納豆の相性が良いみたいですね。ご家庭でも簡単にできそうな一品です。
こちらではひっぱりうどんの食べ方がムービーで見られます。↓

山形の麺(うどん)/山形の家庭料理の定番セット!ひっぱりうどんオールインワンセットB

価格:1,337円
(2017/8/3 00:02時点)


~2009/12/17放送 秘密のケンミンSHOW より~